2009年06月29日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の感想

2009062922520000.jpg


前回の感想はこちら
ネタバレと個人的な考察は記事最後の追記に書きます。

同居人が忙しくて職場に居る時間の方が長いんじゃないかってレベルでいつ行けるかと思ってましたが、今日の平日モーニングショー(1200円)で見てきました本来はちょっと離れた映画館に行きたかったけど死んだ目をしてる同居人に考慮してあまり好きではないけど近い駅のシネコンへ。空いてるかと思ったら激混み・・・フィギュア付きコンボセットは取り扱ってなくて同居人のテンションが落ちる。関連グッツも8割方売り切れ状態。超ギリギリの入場だったけど中央寄りの良席でした。

冒頭から前回のおさらいは無し。テンポがかなり速い。これだけしか見たこと無いだと置いてかれる展開。私の総評としては前作よりかなり良かったしアリと思った。2箇所泣いてしまった。違和感を感じてしまう場所もあるけどやはり戦闘シーンはやっぱり凄いと思った。リアル視聴者だった同居人は「こんなのは(中略)・・・だから認めねぇよ」って語ってました。あと無駄おっぱい、無駄セクシーショットが多かったのが良かった。個人的にマリは好きではない。スタッフロールの後にお約束の次回予告があるので最後まで見ましょう

帰りにEVA-EXTRABOXを購入。今思えばパンフレット買えば良かったかも。(パンフレットはかなりネタバレらしいので鑑賞後推奨だそうです。)でもパンフレットの表紙の段階で結構ネタバレしてる気がした。


今夜から日テレ系列で深夜1:59〜新世紀エヴァンゲリオンのテレビ版が放送されるので録画しなければ(´ω`)元はテレ東だったのに何故日テレ?!関東ローカルだからだからなのか?

ネタバレ&考察は記事最後の追記へ。



blogram投票ボタン
そこそこ読める文だと思ったら上の画像をクリックしてくれると
調子に乗って更新頻度が上がるかも知れません。


【破 ネタバレ&考察(閲覧注意)】
posted by saraat 23:15 | CM(1) | TB(0) | 映画・読書

2008年06月08日

深夜に一人でホラーゲームと生存報告

はい!生きてます(挨拶)
久々の更新なのにいきなりゲーム感想(´ω`)

That'sQT
こちらはショップ経営のシュミレーションゲーム私は全く知らなかったが元々はPSのゲームで希少価値が高くなっているらしくプレミアがついるらしい。さすがにPS版は手に入らないので。最近DSに移植発売された方をプレイ中。ショップのデザイナー兼店長になりコーディネートした服を売ったり(服は作れない元々あるに服を集めて色をつける)あるレベルまで行くと自分でお店のインテリアが自由に出来る。エンディング後もステージクリア条件が出るので続けられる。さすがにやる事が減ってきたので思い出した時にちまちま遊んでます。微妙な小ネタもあったりして好きです。


零シリーズ3作が全部家にあったのでプレイ中。順序も知らずに2作目から始めてかなり前にクリアしていた。これ系はやったこと無いからどうなのかと思っていたが面白かったかった(横で見ていた同居人が異様に怖がる姿的な意味で)怖い事には間違いないがカメラで霊を撮影する事でやっつけるられるって所が面白かった。そしてラストが切なくて泣いてしまった。

それから数ヶ月経ったがあれをプレイするのにかなりの時間と精神力を要するのでなんとなく1と3を放置してしてたがWiiで零の新作発売が決まったのでおさらいするために1と3を消化中。
2が良かったせいか1の操作にいまいち慣れない感じで悶々とプレイ。1作目だからなのか2で慣てたのかは分からないが、あっさりクリア。すっきりしない終わり方でちょっとガッカリ。個人的には2と比べたら怖さはこっちの方が怖く感じたかも。現在3をプレイ中夢と現実を中を行ったり来たりで怖さが途切れる。映像が綺麗になったせいが全体的に動作が重い感じがする。序盤なのに登場人物が多くてわけわからなくなってきた。

ゲームに出てくる霊よりも真夜中に一人で霊の凄い顔を撮影してはニヤリとする私の方が一番怖い。

7月以降発売の気になるホラーゲームは
零〜月蝕の仮面〜
ナナシノゲエム
THE廃屋病院
みてはいけない
(怖いのが苦手な方は上のリンク先注意)


ってな訳で私の近況は近い内に・・・・
posted by saraat 03:00 | CM(0) | TB(0) | 映画・読書

2007年11月16日

アンブレラクロニクルちょこっと感想

071116_2049~001.jpg
このバイオハザートアンブレラクロニクルは限定版通常版があるらしく発売前のCMで見た限り正直どっちでも良いかなぁと同居人にボヤいてたら「限定版は発売前なのに既に品薄でネットでも売り切れらしいよ。」との事。とりあえず発売日に近所のゲーム屋にあったら買うかなぁという感じで当日見に行った。通常版が沢山置いてあるものの限定版は見当たらない。なんとなく気乗りしなかったので買わずに元々用事があったドンキへ。とりあえずCDゲームコーナーに寄ってみたらさっきのゲーム屋より安く売られてたので買う事に。専用レジに行き買おうとしたら限定版らしき箱がレジ奥に?!思わず「これの限定版ってありますか?」と聞いたら「ハイこれですね〜」と奥から出してくれた。限定版は品薄だよと聞かされて目の前で出された手前買うしかないと思い購入。にしても何で店頭に出してなかったんだろう・・

開封してみるとWiiザッパー(専用コントローラー)デカイ・・・ガンコンかとおもったらWiiコントローラーをがっちりはめ込み操作するのだがとにかく重い・・まだ少ししか遊んでないけどWiiのバイオ4から始めた私には難しいし結構怖い。自分で自由に動け回るのかと思ったら微妙に視点は切り替えられるものの勝手に進んでしまう。アイテムも打って収集しなければ見付からない事があるので取り損ねたり発見が難しい。Wiiザッパー(専用コントローラー)無しでも変わらない様な気がするけどかなり臨場感はある様な・・・個人的には好きですが、この辺はかなり好き嫌いが別れそう。

現在限定版は相当品薄らしくヤフオクで見たら定価以上の値段で
売られた(゚Д゚;)
posted by saraat 21:46 | CM(2) | TB(0) | 映画・読書

2007年09月11日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版を見てきた

※あくまでも気持ち悪い女の感想なのでアテにしない様に。

近くのモールの映画館の男女で行くとお一人様千円な日だよ!(別名カップルデー)があったのでそこに行こうとネットで上映スケジュール欄を見てみたが見当たらない。というかそこの映画館では上映すらしていなかった。西○記はもうどうでも良いから上映してくれよと舌打ちしつつちょっと遠い所の映画館行く事に。

私がエヴァを知ったのはここ2〜3年リアルタイム放送時はなんとなく知っていたけど当時は奇怪なヴィジュアル系バンド大好きな痛い子だったので全く興味無かった。一方の同居人はリアルタイム放送時の頃はカチカチなアニオタだったので当然見ていた。以前ケーブルテレビで年末一挙放送があり同居人の勧めで見てみる事に。最初は全く意味が分からないけど同居人が一生懸命私に解説しながら見ているので付き合ってる内にハマル。その後DVDで劇場版を見て泣き、更にハマる。その後もケーブルテレビでループ放送をしていたので2周目を見て1周目で分からなかった所が分ってきたりしてその後も放送を見たりDVDを見たりしてすっかりエヴァ漬けにされる。

ってな訳で見てきた訳なのですが率直な感想は「うわー映像が綺麗だー。」
それだけに尽きた。配色の違い。漫画版の絵っぽくてちょっと違和感を感じたりテレビ版とかけ離れたエピソードがあったりでこれはテレビ版の修正版と言ってなのかそれとも別物で見たほうが良いのか・・・。だたこれからエヴァ知る人にはとても楽しめる映画だった。テレビ版と比べてしまうと疑問を感じてしまうけど別物としての感想を言えば凄かった映像の綺麗さもさることながら特に戦闘シーンは臨場感があり鳥肌がたった。私は見たら絶対ガッカリすると思いながら見たせいかあまりガッカリしなかった。鑑賞後すっかりテンションが上がり思った事を語ったりアレって何だと思う?と私1人で語りまくった。同居人はあまり心に保険をかけていなかった模様で「あまり語りたくない・・・」31のアイスを食べながら落ち込んでいた。どうやら彼はガッカリしたらしい。

エンドロールの途中で席を立ってる方も居ましたが一番最後に予告編があるので最後まで席を立たない方が吉。フィギュア付きコンボが売ってたので欲しい!と言ったら何か高いし気持ち悪いと即答され少し凹んだ。

映画といえば来春公開されるシンプソンズの映画版の声優キャストに物凄くガッカリした。最近の洋画の吹き替えがタレントばっかり過ぎてゲンナリ。
感想続き。(超個人的感想&ネタバレ)
posted by saraat 23:30 | CM(4) | TB(0) | 映画・読書

2006年10月29日

映画感想

金曜日に地元FMのから映画優待券2枚が届きました。
前回のおかゆに続いての当選なので嬉しい(*´д`*)
さて何を見に行こう?

最近見たのだったり大分前に見たりした映画の感想。
もっと映画見た気がしたけど思い出せない。
相変わらずアレは私の感想なのであんまアテにならないです。
順番は適当です。

【星の目安】
★★★★★・・・大好き。また見たい。
★★★★☆・・・好き。だけど物足りない。
★★★☆☆・・・普通。
★★☆☆☆・・・まずまず。良くも悪くも。
★☆☆☆☆・・・微妙。コメントしずらい。

サイレン
これは・・・失敗。ゲームは面白かったからって期待しちゃ駄目だに。結局訳が分かるんだか分からないんだかな展開。医者の役にココリコ田中は無いだろ・・・鉄塔の最後の顔には同居人と爆笑してしまった。ゲームを知らない人だったら相当怖いかも?
★★☆☆☆

SAW
CUBEっぽい映画なのかなーと思ったら全然違いましたほとんど密室のなかで話が進むのですが最後まで飽きずに見れましたそしてラストに「アアーーー!」ってなるハズ。怖っていうよりグロイですあの良く出来た拷問具(?)って実際にある奴なのかな
★★★★☆

SAW2
これは一作目を見てないと分かりにくいけどグロさと絶妙なトリックには驚愕。そして相変わらずグロ度は高いです。saw3公開前なのに既に4の話が出てるって・・・あんまり続くと見るの大変だから勘弁してちょ・・
★★★★☆

0:34
劇場公開時に予告編を見た時はホラー系なのかなと思ったら見てみたらサスペンス映画でした。そんなに怖くはないがグロ度は高め。にしても謎の男(?)と地下施設について全然説明が無いのは何故?中途半端にチラつかせた意味が分からない。何かスッキリしなかった
★★☆☆☆

エレファント
実際にあったコロンバイン高校銃乱射事件を元にした映画。
当時ニュースを見た時もすげぇなぁ・・と思いましたがこの映画は別の意味で凄かった。映像の美しさでこの重苦しさとかが無くなってるけどそれだと何か美化されてる気がしてなんか切ない。私にはちょっと難しかった。
★☆☆☆☆

man-hole
CREATIVE OFFICE CUEの社長こと鈴井貴之初監督の作品
大泉洋目当てでみるとちょっとガッカリ。もっと重苦しい話かと思ったら後半から急にのほほんとした感じに。ちょっと展開が強引すぎな所もあるけど全体的な雰囲気は好きです。
★★★☆☆

The World of GOLDEN EGGS Vol.01
映画というかアニメですが。初めて見たのがCSの深夜放送の時最初何だこの変な絵は・・・と全く見る気がしなかったのですが良く見たら面白い。メインの話はTurkey's Hillに住む人々の話だけどその他に音楽紹介やら料理コーナーまである(一部実写アリ)何故か日本のアニメなのに英語の字幕がついてるので受験生にも優しいアニメ
★★★★★

超劇場版ケロロ軍曹
マニアックさを期待してたら子供向けの作品でした。
後で調べたらこの映画劇場公開時にかいけつゾロリが同時上映だったらしい。なるほど。
★☆☆☆☆
posted by saraat 17:58 | CM(0) | TB(0) | 映画・読書

2006年08月04日

さらリズム天国

ry.jpg

いい加減Newマリオも遊び倒したのでリズム天国とやらを購入してみました。感想は・・・面白い!ノリ的にはメイドインワリオに音ゲー要素を足した感じ。直感操作で出来るので遊んでてストレスを感じないしリズムに乗れちゃったりすると凄く気持ちいいです。音ゲーは好き嫌い別れますがこれは苦手な方でも楽しめると思います。  saraはリズム感が全然無いのでハイッ!ハイッ!と声に出してやってたら同居人に気持ち悪がられました。

何か今日はめちゃめちゃ暑かったなぁ・・・こう暑いと汗と共に自分も溶けてるんじゃないかと思う程。体より確実に脳が溶け気味です。
そう言えば明日は近所で花火大会。景気良く15000発も上がるらしいので楽しみだわ(´ω`) 


タグ:リズム天国
posted by saraat 22:36 | CM(6) | TB(0) | 映画・読書

2006年07月12日

どうぶつの森日記

oimori01.jpgoimori02.jpgoimori03.jpg
最近はたまにしか遊んでませんが、やり始めて約半年やっとジョニーを
打ち落とせたので記念に写真あぷ(見づらくてスンマセン)せっかく
コネクタを買ったのに通信プレイは数回・・wifiやるのに毎回ファイヤーウォールの設定をいじらなきゃ出来ないので独りで寂しく遊んでます(´・ω・`)

交配種を咲かせるコツは
・黒バラは同じ場所に沢山植えると咲く可能性大。
 植え方としては花一個分間隔を空けてチェス状?に植えると良いかも
・縦、横、ナナメ色々な方向で植えてみるのも良いかも
・なかなか咲かない場合は花の配置を換えると良いかも
(交配種がよく咲く場所と全然咲かない場所がある様な気がする)
・咲かせたい花の色(ピンクのバラだったら赤と白)
 以外は近くには植えない

あくまでも自己流なので咲かなくても怒らないでね。
posted by saraat 00:00 | CM(0) | TB(0) | 映画・読書

2006年04月29日

ゲームかんそう。

最近日記が病気の事ばっかりなのでたまには違うネタを・・・・
元々ゲームは嫌いではないけど好きではない感じだったのですが、去年友人から貰ったニンテンドーDSを手にしてからゲームをやる機会が増えました。

おいでよ どうぶつの森
DSを頂いて最初に購入したゲーム。すっかりハマリました。スローライフを目的としたゲームです。個性的な住人たちと音楽に癒されます。寝る前にやるとなんか落ち着く(*´ω`)本当に自由度の高いゲームなので大人から子供まで楽しめるゲームだとおもいます。ただ自由度が高いので目的がないとつまらないって方はお勧め出来ないカモ。最近はwifiで他の村に遊びに行ったり来て貰ったりしてお喋りしたりデザインやガーデニングに力を入れてました。が!どうぶつの森の方は発売時から遊んでいたせいかここ最近は放置気味。(
シムシティとかシムピープルが好きな人は良いかも)

マリオカートDS
スーファミの頃をイメージしてたらなんか難しい。。でもドリフトが
簡単に出来るのが気持ちイイ!初心者にはwifi対戦はお勧め出来ません。直線ドリフトが出来ないと置いてかれます。最初は面白かったけどコースレベルが高くなるにつれてかなりムズかしくなって飽きてしまい全然遊ばなくなりました。(そして先日売ってしまった)レースゲームが好きな方や友達での対戦なんかはかなり盛り上がるゲームだと思います。多分。

MOTHER3
3つ目。彼がいつの間にか予約購入してました。RPGは苦手なので(むしろやり方が分からない)「どうせ面白く無いだろう」と始めてみたら面白いのなんのって。やってみた感想は色が綺麗!ドット絵が可愛い!各所にちりばめられた小ネタにクスッしつつもかなり重いシーン(泣けるシーン)があったりしてそのギャップに見事にやられました。このゲームはRPG系が苦手な方でもやりやすいな〜と思ったり。

と、いっちょ前にゲームの感想なんか書きましたが、ゲーム素人の感想なのであんまりアテにしちゃ駄目です。
posted by saraat 00:32 | 群馬 ☀ | CM(2) | TB(0) | 映画・読書

2005年10月04日

「蹴りたい背中」著:綿谷りさ

wataya.jpg

長谷川初実(ハツ)は、陸上部に所属する高校1年生。気の合う者同士でグループを作りお互いに馴染もうとするクラスメートたちに、初実は溶け込むことができないでいた。そんな彼女が、同じくクラスの余り者である、にな川と出会う。彼は、自分が読んでいるファッション雑誌のモデルに、初実が会ったことがあるという話に強い関心を寄せる。にな川の自宅で、初実は中学校時代に奇妙な出会いをした女性がオリチャンという人気モデルであることを知る。にな川はオリチャンにまつわる情報を収集する熱狂的なオリチャンファンであった・・・・・・

=感想=
少し前にインストールが話題になってたのでなんとなく知ってたのですが、たまたま手にする機会があったので読んでみる事に。率直な感想は「読みやすい」ハードカバー版は文字がデカかったってのもあって小一時間で読破。読み易さのもう一つの要因は「描写が分かり易い。」ややこしい表現は無く読みやすかった中・高校時代の独特な人間関係の描写には「あ〜こんな人居たなぁ」とか主人公と重ねて見る方も多いハズでは。(かくいう私も主人公タイプの人間なので結構共感出来たり)ただモデルのオリチャンの話の部分がもっと広がって行くのかと期待して読んでたら普通に終ってしまって「あれ?」と思ってしまった。まぁでもこれはコレで良かったのかもしれない。かなり期待して読んだのでガッカリ度が大きかった。


【作者プロフィール】
綿谷りさ(わたやりさ)
1984年2月日京都府生まれ 本名は山田 梨沙。
2001年高校3年生の時「インストール」で第38回文藝賞受賞史上最年少17歳での受賞
2004年「蹴りたい背中」で第130回芥川賞受賞史上最年少19歳での受賞


posted by saraat 19:49 | ☔ | CM(3) | TB(4) | 映画・読書

2005年09月13日

映画感想ぱーと4。

数週間の間に見た映画感想。中途半端に辛口ですが相変わらずあんまアテになりません。

【星の目安。】
★★★★★・・・大好き。また見たい。
★★★★☆・・・好き。だけど物足りない。
★★★☆☆・・・普通。
★★☆☆☆・・・まずまず。良くも悪くも。
★☆☆☆☆・・・微妙。コメントしずらい。

スーパーサイズ・ミー
一ヶ月1日3食すべての食事をマクドナルドのメニューで摂っていたら、体はどうなるのか?
そんな疑問にスパーロック監督が自身がチャレンジしたドキュメンタリー作品。これを見た後にマックは食べられなくなります。同じドキュメンタリーでも華氏911の監督のおっさんよりもこの人の方がよっぽど凄いと思う。
【星】★★★★☆

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
原作だと三部作なんですが無理矢理2作分話をまとめて完結させたって感じでした。
しかも微妙に原作と違ってガッカリ。でもレニー・ゼルウィガーのあのブリジット役をやる
女優魂は好きです。
【星】★★★☆☆

感染
恐いというより気持ち悪くなりました。いくつか複線が入ってるのは分かったけど何か分かり難い。リアルに病院通ってる身なのでもしあんな病院があったら・・・と思うと別の意味で恐くなりました。モロ師岡と佐野史郎がかぶって見えたのは私だけでしょうか?音で怖がらせる(驚かせる)ホラーは嫌いだなぁ。というかこれはホラーなのか?!
【星】★☆☆☆☆

トレインスポッティング
過去に見るチャンスがあったのに見てる最中酒に酔って爆睡したため再び見る事に。
よくあるドラック映画とは全く違う。迫り来るドラックの恐怖が伝わる映画なのにどこかカッコイイそして映像のどこを切り取ってもカッコ良くラストにかかるunderworldの「Born Slippy」はこの映画の為の音楽と言って良いくらいピッタリ。この映画大好きです。
【星】★★★★★

けものがれ、俺らの猿と
町田康さんの同名の小説を映画化だそうで。レンタル屋で偶然見付け借りてみる事に。
原作を読んでないのでなんとも言えませんが「?!」と思うシーンが盛沢山。壮絶です。
不条理(シュール)好きの私にはツボでした。そして鳥肌実氏の壊れっぷりに惚れます。
【星】★★★★★

ファンタスティポ
このセンスは個人的には好きだけど狙いすぎて意味が分からない。
オチもなんとも微妙な終り方。うーん・・・・コメントしずらい。
【星】★★☆☆☆

劇場版頭文字D
一足早く某所で試写で見てきました。台湾映画なのに舞台は日本だったりなぜか役者は鈴木杏だけ日本人だったり。でもちゃんと榛名湖なんかのシーンもあったり給水塔の所のシーンはいかにもセット臭い。ランエボ乗ってる人達のあのトゲトゲ革ジャン今時ネタでも着てる奴居ないよ・・・。実走シーンは本物の車を使いD1のレーサーがやっているだけあり凄かった。
でもそれ以外は・・・・。
【星】★★☆☆☆

オペラ座の怪人
言葉にするのが難しいですがとにかくスゲー!!です。吹き替え無しで歌ってるのだからさらに凄い。大人のファンタジーってトコでしょうか。ファントムとクリスティーヌが歌う「The Phantom of the Opera」には鳥肌が立ちました。
【星】★★★★☆

香港国際警察
国際警察って言うぐらいだから国際犯罪を取り扱った作品だと思ったらサイバーな若者(?)強盗集団を捕まえる話。あの仮面被った強盗集団は「時計仕掛けのオレンジ」のパクリに見えて仕方ない。ジャッキー年取ったなぁ・・・と思った以外印象が残らなかった。
【星】★☆☆☆☆
posted by saraat 18:12 | 🌁 | CM(2) | TB(0) | 映画・読書

2005年07月26日

久々の映画観想。

新旧問わずここ数ヶ月の間に見た映画を。感想は辛口ですが多分あんまアテになりません。

【星の目安。】
★★★★★・・・大好き。また見たい。
★★★★☆・・・好き。だけど物足りない。
★★★☆☆・・・普通。
★★☆☆☆・・・まずまず。良くも悪くも。
★☆☆☆☆・・・微妙。コメントしずらい。

ジャッカス・ザ・ムービー
MTVで見て以来すっかりハマった作品。ブラックでお馬鹿で下品でグロで・・・
とにかく凄い!ここまで来るとお馬鹿な事を真面目にチャレンジする彼等を尊敬してしまう。登場メンバーもイケメン揃い。サウスパークやブラックユーモア系が好きな方はお勧めです。
【星】★★★★★

マイ・ボディガード
レオンを超える作品〜みたいなキャッチフレーズをどっかで聞いたのでてっきりレオンな話かと思ったらちょっと違う感じ。後味悪い終り方。
【星】★★★☆☆

シャーク・テイル
一緒に見ていた友人曰く「ニモの方が面白い」そうです。海外キャストは豪華。子供向けな話ではないが大人向けの作品でもない気がする。
【星】★★☆☆☆

カンフーハッスル
これぞ娯楽映画と言った所でしょうか。キャッチフレーズどおり「あり得ネー」です。色んな意味で。でも1時間半映画なのでサクッと見れました。
【星】★★★☆☆

ブルース・オールマイティ
ある不幸な男が死んでしまう。しかしそれをきっかけに1週間だけ神様になってしまうお話。
これだけだとよくある話ですが、予想していたストーリーとは違いしんみり系の映画。ちなみにジムキャリーの相手役に海外ドラマ「フレンズ」のレイチェル役の人(ジェニファーアニストン)が出てました。
【星】★★★☆☆

12人のパパ
ほのぼの映画。しかしわざわざ映画にする様な作品では無いような・・・?
あ、海外ドラマっぽいって意味です。
【星】★★☆☆☆

アメリカン・スター
アメリカの人気オーディション番組から誕生した映画らしいです。ただの青春映画かと思ったら突然歌い出したり全員で踊り出したりと良く分からん展開に。にしても海外の青春映画ってみんな同じ様な話ですよね。出会ってアレするまでの速さが早えぇーのなんのって。(下品)
【星】★☆☆☆☆

スワロウテイル
あれだけ様々な話が入ってるのにゴチャゴチャしていないのが凄い。時代背景が現在でもあり遠い過去のような。鑑賞後しばし放心。胸に蝶の刺青を入れたくなるなぁ。この作品で岩沢俊二さんが好きになりました。
【星】★★★★★

ターミナル
天下のスピルバーグさん。人を惹きつけるツボを心得てます。見ていて純粋に「なるほど!」とか「へぇー」って思ってしまう。でも折角、感動系の映画にしたのなら後半30分はどうかと思う。
【星】★★☆☆☆

さて、明日は病院だ(´д`;)
posted by saraat 20:11 | ☔ | CM(2) | TB(0) | 映画・読書

2005年05月01日

「夏と花火と私の死体」著:乙一(おつ いち)

otuichi.jpg



9歳の夏休み、少女が殺されてしまう。あまりにも無邪気な殺人者によって、あっけなく…。少女の死体をめぐる兄妹の暗黒の冒険が始まる。

読み進んでいくとこのタイトルの「夏と花火と私の死体」意味が分かるそうこの小説は殺された少女「死体」が話を進めていくという斬新なストーリー。あらすじだけだと重苦しい話かと思うかもしれないが全然そんなことは無い小学生の夏休み頃のあの眩しくて懐かしい季節を思い出す。そして物語の最後には驚きの結末が!

〓〓感想〓〓
先日、某さん「これ絶対良いから読んでみ!」と進められた本。個人的に小説は嫌いじゃない(むしろ好き)んですが気が向かないと読まない方なのであまり乗り気では無いがタイトルが面白そうなので読んでみる事に。読みやすくて一気に読むことが出来た。そしてラストで「あーー!」(驚きと納得)となる作品。この他に収録されている「優子」もラストで「あー!」となる作品。なんていったって作品を書いたのが16歳の時に書いた作品ってのがビックリですよ私の16歳の時なんて何してたよ?ってぐらいの馬鹿っぷりですよ、奥さん。とにかくw気になった方は是非騙されてみてください。

【作者プロフィール】
乙一(おつ いち)
1978年10月21日、福岡県生まれ。本名は安達寛高。「夏と花火と私の死体」で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を若干17歳で受賞する。


【関連サイト】
集英社による公式サイト。ショートショート作品を掲載。
http://www.shueisha.co.jp/otsuichi/


posted by saraat 17:03 | ☁ | CM(0) | TB(5) | 映画・読書

2005年04月16日

最近見た映画感想

最近映画館やDVDとかで見た映画の超個人的な感想。
詳しいあらすじは各公式サイトへ(リンク切れたらごめんなさい)


映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃
本日公開。実は映画版のクレヨンしんちゃんって実は好きだったり。ってな訳で見てみる事に今回のテーマは「家族愛」なのは分かるのですがストーリーが同じ事の繰り返しで単調な感じ。いつもより登場人物も少なくて残念。ちなみにしんちゃん映画シリーズ中でのモーレツ!大人帝国の逆襲!これが一番好きです。お勧め!泣けます。
【公式】http://www.shinchan-movie.com/

ハウルの動く城
思っているより木村さんの声がハマっていたかも。だけども10代位のヒロインの声が倍賞美津子さんってのが・・・うーん。可も無く不可も無くかな・・・洋さんの声がちょっとだけってのも残念・・
【公式】http://www.howl-movie.com/

茄子アンダルシアの夏
大泉洋さん目的でレンタル。50分位のショートムービーなのですが短い時間でいろいろ詰め込み過ぎな感じが・・。大泉さんは声優も◎でした。
【公式】http://www.nasu-summer.com/

オールドボーイ
いろんな意味で凄い。良くも悪くもなんだか凄い。とにかくあのオチは凄い。後で知ったけど原作は日本の漫画だったんですね。
【公式】http://www.oldboy-movie.jp/

ロストイントランスレーション
テーマソングの「風をあつめて」に引かれてレンタル。微妙。異国でのアバンチュールな話。でも外人から見た日本はこんな感じなのかなぁと思ったり
【公式】http://www.lit-movie.com/

茶の味
シュール!ほのぼの!とにかくシュールの一言。こうゆうの好きです。だけど最後は泣けちゃったりほのぼのだったり。シュール好きな貴女にオススメ。また見たい作品。
【公式】http://www.chanoaji.jp/

SURVIVE STYLE5+
茶の味を見た後に見てしまったので多少インパクトは薄れたけどそれぞれ個性豊かな出演陣が良い味出してました。
【公式】http://ss5.goo.ne.jp/index_f.html

マインド・ゲーム
なんだか韓国映画にあったようなタイトルですが日本映画です(アニメーション)。沢山の伏線が映画全体にちりばめられていてラストで「あーー!」って感じの映画。結構好きです。
【公式】http://www.mindgame.jp/
posted by saraat 00:00 | ☀ | CM(0) | TB(1) | 映画・読書