2006年03月09日

患者取り違え甲状腺を摘出…

先程ネットを徘徊してたら こんなニュースが。なんだか喉の奥が痛くなる記事ですねふらふらやっぱり大学病院って怖い感じがしちゃうなぁ。

お蔭様で体調は良くなりました。これを期に近い内に病院行こうと思います。一個目星をつけてる病院があるんですか少々遠いいので他にも無いか調べてみると診療科目に内分泌内科がある病院って少ないんですねたらーっ(汗)みなさんは病院ってどうやって探しました?




posted by saraat 14:10 | 群馬 ☁ | CM(2) | TB(0) | バセドウ病

2006年03月05日

口内炎と喉の痛み

3日前ほこりっぽい場所で掃除をしていたら急に喉が痛くなったので「風邪ひいたかな?」と思いその日はさっさと寝たのですが、次の日起きたら右ほほに口内炎が発生。喉の痛みは昨日と変わらず。熱を測ってみても平熱。その日はビタミン取ってヴィックスのど飴を舐めながらマスクをして就寝。翌日のどの痛さは無くなったもののまだ少し腫れぼったい感じがある。朝食を食べてる時に口内炎をゴリッっと噛んでしまい更に大きくなりましたたらーっ(汗)熱は無いのに喉が痛いってもの何か気持ち悪いので(風邪をひくと喉から来るタイプ)調べてみたら口内炎が出来るとのどが痛みがある場合もあるそうです。原因は免疫力低下らしい。うーん免疫力低下ってどうすれば良くなるんだろう・・・やっぱ生活改善かなぁ。
薬局で喉スプレーを見てみると殆どがヨウ素(ヨード)を含むものだったので購入を断念。結局ヨウ素系を含んでないヴィックスのど飴を購入。ヨウ素から出来てる奴はやっぱりちょっと怖い。当時の担当医にも別に神経質になるほど避けなくても良いと言われたけど日常生活での海草系の摂取を避け気味なのは私だけでしょうか?

あなたの健康百科 口内炎
http://www.medical-tribune.co.jp/kenkou/200108281.html
甲状腺の病気とヨード(海藻類)の摂取
http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~med2/q-and-a/koujousen.html
posted by saraat 18:41 | ☔ | CM(1) | TB(0) | バセドウ病

2006年02月28日

薬を飲まなくなっても変化は無い?

お久しぶりでございますさらです。もうあけましておめでとうございます所ではないですね(笑)相変わらず更新停止中&コメントのお返事が出来なくて本当にスミマセンあせあせ(飛び散る汗)コメントはちゃんと読ませて頂いてます。本当にありがとうございます黒ハートちなみにさらりずむは辞めるつもりはありませんので安心してください(笑)来てくださってる方って居るのか不安ですが・・・。
最近の私はmixiに手を出したりニンテンドーDSおいでよ!どうぶつの森にハマってます。(どなたかともだちコード交換しませんか?)体調の方はちょっとアレな話なんですが夜間頻尿気味です。夜中に何度も目が覚めここ数ヶ月不眠症気味です。どーも薬を飲みだしたあたりから尿の回数が居様に増えた気がするんですよね・・・でも現在は薬を飲んでません。何故かって?実は・・・もう病院行ってないんです。過去の日記にも散々書いてますが、通院してた某大学病院にはかなりウンザリしてたのもあったので引越し先で病院を見つけよっと!と軽い気持ちで通院を辞めてしまいました。本当に悪くなったら行こうとのほほんと暮らしてたらもう3月になってしまいましたたらーっ(汗)もうひとつ気になるのが抜け毛が酷いです。最後の診察に行ったのが9月頃で、この頃から異様な抜け毛(手で髪を触るとワッサリと抜ける位)当初は季節の変わり目だからでしょと言われて気にしない様にしてたのですがやっぱりこれも副作用だったのかな?とも思うんですが現在も前よりかは酷くありませんが以前と比べたら結構抜けてます。ってことは亢進している人は髪が伸びやすいのかなぁ・・・?なんて思ったり。やっぱそろそろ病院に行かなきゃマズいですよ・・・・ね?


私信:shozo様本当にありがとうございます。おかげで又、文を書きたくなりましたm(_ _)m
posted by saraat 07:41 | ☔ | CM(3) | TB(3) | バセドウ病

2005年10月13日

甲状腺機能障害の方はご注意!

先日ドラックストアに行った際、何気なく鼻炎の薬を見ていたら鼻炎薬の棚に「高血圧、心臓病、甲状腺機能障害、緑内障の人は使用前に医師に相談してください」と書かれた張り紙が。「んん何故?」とお店の薬剤師さんに聞いてみようと探したけど見当たらず諦めて帰宅。家に転がってた鼻炎薬の注意書きを読んでみるとやっぱり同じ事が書いてある。どうしても気になるのでgoogleで塩酸フェニルプロパノールアミン検索するとこんなページを発見そのページによると
塩酸フェニルプロパノールアミンは、鼻みず、鼻づまり等の症状の緩和を目的として、一般用医薬品としては、鼻炎用内服薬、かぜ薬、鎮咳去痰薬に含有されている。また、医療用医薬品としても、総合感冒剤に含有されている。

ふむふむ風邪薬とかによく使われてるのね。そしてそのページ下の方を見てみると

塩酸フェニルプロパノールアミン含む薬を用法・用量の範囲外の服用してしまうと脳出血、くも膜下出血、最悪の場合死に至ってしまう可能性が?!

死ぬ?ええええコエーヨ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル でもこのページだけだと難しくてこの薬が何故危険なのかがイマイチ分からない。ってな訳で某所で薬剤師さんに伺った所、
甲状腺機能が亢進するとホルモン分泌が過剰になるためにどうき、息切れ、発汗などがおこったりします。このためメルカゾールというホルモン分泌を抑制する薬で甲状腺機能を抑えています。PPA(塩酸フェニルプロパノールアミン)は脳の受容体にはたらきかけて血管を収縮させるため血圧が上がったり心拍数があがります。つまりホースをつぶして持つと勢いよく水が出るのと同じ原理です。甲状腺機能が亢進している方はどうきや息切れなどが起こりやすいところに PPAを摂取する血管が収縮して心拍数があがりドキドキしたり発汗がおこりやすくなるため甲状腺機能が亢進した状態と同じような感じになってしまいます。注意書きに甲状腺機能の方は注意と書いてあるのはそのためです。

とお返事を頂きました。なるほど!用法容量を守れば大丈夫っぽい様ですが、飲む場合は医師、薬剤師さんに相談するのがイチバンかもしれませんね。(塩酸フェニルプロパノールアミンを含まない風邪薬・鼻炎薬もあります)何事もご利用は計画的にって事ですね(笑)

+参考資料+
塩酸フェニルプロパノールアミンを含有する医薬品
坑甲状腺剤メルカゾールの副作用(さらりずむ。過去ログ)


posted by saraat 12:08 | 🌁 | CM(7) | TB(0) | バセドウ病

2005年09月11日

サボ。

「選挙のハガキ来てないジャン!何か半ニートのアタイには選挙権無いってか!ハタチになってから初めての選挙だから行きたかったのに!!」と思ってたらPM20:30に郵便物の束の中にあるのを発見。しかも身分証明するものがあれば別にハガキ要らないのか・・・こんなアタイに選挙権があって良いのかな・・・と考えた秋の夜。こんばんわ、さらです(挨拶)

書きたい事は一杯あるのに変にサボリ癖がついちゃって更新頻度がびっくらするぐらい減ってます。この前書いた日記で書いた検査の結果を聞きに行った所・・・ぴかぴか(新しい)やっとメルカゾールが1錠に減りましたぴかぴか(新しい)これで昨日2錠飲んだのか1錠飲んだのかを忘れないで済む(笑)一応1ヶ月飲んでみて様子見って感じなのでもしかしたら2錠に戻るかもしれないけど。でも最初の頃はメルカゾールを一日6錠飲んでたから一日1錠になるっていうのはやっぱり嬉しいなぁ。いつの日か寛解(かんかい/永続的、一時的を問わず臨床的に症状や検査成績が好転または消失する状態。)する日が来るまで頑張って闘病するぞo(`ω´*)o 



バゼドウ病をお持ちの方に伺いたいのですが・・・(続き読む?)
posted by saraat 00:00 | 🌁 | CM(6) | TB(0) | バセドウ病

2005年09月06日

ちょっと気になる事。

どうにも最近お腹がユルイ(下品なお話が苦手な方はスルーして下さい)んですよ。病気発覚前〜後の頃はお腹出して寝ようが変な物食べようが全然平気だったのに何故かここ最近お腹を下しやすい。「ただの食いすぎ」って言われたらどうしようと思いつつ前回診察時にその旨をお医者様に伝えると「亢進してる時に下す事はあるけどなぁ〜」だそうで。とりあえず検査をしてみないと分からないので検査を受け明日結果を聞きに行くけど本当にただの食べすぎだったりして((゚Д゚;))
posted by saraat 11:30 | ☔ | CM(3) | TB(0) | バセドウ病

2005年07月28日

夏の定番。

Jul29_1942.jpg
お茶です。コンビ二とかで1リットルでで100円のお茶の奴です。仕事をしてた時はずーっとコレ飲んでました。高校の時位からからあまり水分を取らなくてその結果汗もあまりかかず、トイレも少なくて下手したら1日1回しかトイレに行かない日が良くありました。高3の終わり頃とある事で病院に行った時、お医者様に水分を取りなさい!と言われてから積極的に水分を取る様になってから一日リットルを目安に水分を取ってます。最初の頃はコントレックスを飲んでたんですが、水の癖に500mlで180円もしやがるので結局安いお茶になってます。なんか病気になってからトイレが異様に近くなったのは私だけ?水分取ると直通って感じで・・・あ、下品でごめんちゃい。
posted by saraat 00:00 | ☀ | CM(0) | TB(0) | バセドウ病

2005年07月27日

薬の増減と体調の変化。

自分が忘れないように今までの薬の推移と症状をまとめてみました。この辺は個人差が出るものなので参考になるか分かりませんが、目安程度にして頂ければ。

【初診時】
メルカゾール6錠/14日分(甲状腺ホルモンをおさえる薬。)
ムコソルバン3錠/14日分(痰や膿のすべりがよくなり、排出しやすくなります。)
メジコン   3錠/14日分(咳止めの薬。発症時、激しい咳が止まらなかった為。)
インデラル 3錠/14日分(心臓を休ませる薬。心臓の拍動が抑えられ、血圧が下がる)
当時の体調:無気力、手足のふるえ、少し動いただけでも動機、眩暈、吐き気。激しい咳が止まらず。

【2回目】
メルカゾール4錠/14日分
インデラル 3錠/14日分
体調:症状は変わらず。

【3回目】
メルカゾール2錠/21日分
体調:薬が定着してきたのか皮膚痙攣や体が攣るなどの副作用らしきものが出る。

【4回目】
メルカゾール2錠/21日分
体調:飲んでしばらくは落ち着いてた筋肉の痙攣や攣る症状が再び出だす

【5回目】
メルカゾール2錠/4日分 (交互服用)
メルカゾール1錠/4日分 (交互服用)
体調:交互服用を1週間行ったら痙攣、攣るなどの症状が大分減る。

【6回目】
メルカゾール2錠/20日分
メルカゾール1錠/20日分
体調:今回処方された薬。

飲み続けて2ヶ月目位でボンヤリ効いて来たのを実感。それ以降からはバセドウ病から来る症状は大分軽くなりました。あっ!訪問者カウンターが7000超えてた(゚Д゚;)

参考資料:おくすり110番
posted by saraat 17:28 | ☔ | CM(2) | TB(0) | バセドウ病

漸減療法。

今日は診察日でした。台風が去った後だからメチャメチャ暑い・・・横浜でも35℃超えたとか超えないとか(´Д`;)そんなわけで前回採血して今回の薬の量を決める事になってたのですが、今回も前回と同じく1錠と2錠の交互服用となりました。しかし今日貰った処方箋を見て見ると漸減療法と書いてある。「んん?ざん・・げん?何だソレ??」と先生に聞いてみると交互服用と意味合い的には同じ意味っぽいのですが、

漸減療法とは、使用量を徐々に減らしていくという意味だそうです。例えば、症状が出ているときの1日の使用量が300mgの薬なら、症状がおさまったら2週間後に200mgに減らし、そのまま症状が出なければさらに2週間後に100mgにする、という感じで交互服用は1日おきに別の薬を飲む意味もあるので、漸減療法とは少し違うもの。

だそうです。ふむ。しばらくはこれで様子を見る事になりそう(=´ω`)y─┛
posted by saraat 17:05 | ☔ | CM(0) | TB(0) | バセドウ病

2005年07月20日

ご利用は計画的に。

そもそも前々から不満というか疑問はあった。それは初めてバセドウ病と告げられた日、病気の事を詳しく教えてくれず「生活や食事面で何か注意する事はありますか?」と聞いても安静にする以外特に無いですと言われる。その後通院する事になり毎回血を抜かれても検査結果は教えてくれず聞いてもただ一言「ハイ良くなってますよ」とだけしか言わず。今までバセドウ病のバの字も知らなかった私は「こー言うモンなのかなぁ・・・」と思って先生を信じて通っていたが、徐々に病気の事が分かって通う内に「ちょっとこの先生とは合わないカモ」と思い出していた。遂に今日それが確信へ変わった。

今日は診察日。相変わらず刺す場所を迷われつつ採血ををサラリとこなしいつもの様に診察室の前で呼ばれるのを待つ。

先生:「具合はどうですか?」
さら:(再び体が攣る等の体の不調を伝える)
先生:「・・・・あれ?一週間前に血液検査予約入れてなかったっけ?」
(※普段の採血抜されるのとは少し違う特殊な検査。結果が出るまで一週間かかる)
さら:「いえ・・・言われていませんが?(毎回貰う予約表にも明記無し)」
先生:「あぁ〜そうだったか・・・」
さら:「はぁ・・?」
先生:「薬は1錠と2錠で交互に飲んだ?」
さら:「いいえ。処方箋にも何も書いてなかったですよ?」
先生:「う〜ん検査結果見ないとちゃんとした薬の量決められないから血液検査だけ受けに8月の頭またこれる?」
さら:「ちょっと8月上旬〜中旬は空けられないです。」
先生:「う〜ん検査結果出てから日数あまり空けたくないんだよね・・・」
先生:「じゃあとりあえず来週は?」
さら:「それなら大丈夫です。」
診察が済みカルテを持って会計へ向かう
会計嬢:「どうやらまだ診察が終ってない事になってるんですが・・・何かありましたか?」
さら:「エッ(゚Д゚)?!」
会計嬢:「ちょっと確認とってみますね」
・・・・数分後・・・・
会計嬢:「今先生に確認取りましたらどうやら血液検査が追加になったみたいです」
さら:「(゚Д゚)?!」
会計嬢:「恐れ入りますが再び検査室へお願いします・・・・」
さら:「ハイ・・・・」
検査結果が1週間かかるのと私が8月の上旬〜中旬は空けられない事を考慮したのか急遽?今日の内に検査分の採血をして来週薬の量を決める事にした模様
さら:「追加するなら診察時に言ってくれよ・・・と思いつつ再び検査室へ行き血液を血を抜かれる」

採血が終り会計を済ませふと今日貰った処方箋を見るとメルカゾール錠2錠1錠互服用と書いてある。さっき先生に「薬は1錠と2錠で交互に飲んだ?」なんて言われたけど前回こんな事書いてなかったジャンかよぉぉo(`ω´*)o8月の上旬までずれこむ事は無くなったから良いけどそもそも先生がちゃんと診察日の1週間前に血液検査の予約を入れてればこんな二度手間にならなかったのに(`Д´)元々発病?してからバセドウ病と発覚するまで時間がかかったせいか(過去ログ参照)やっとこさ受診した内科の先生に紹介され当初は何の病気か分からないまま紹介された病院で検査をしバセドウ病と発覚して通院している訳なんですが、良く分からなかったとは言えちゃんと調造る造きだったかなぁ。。。う〜失敗した。紹介状を書いている時に甲状腺専門病院で有名な伊藤病院を勧められたけど原宿にあると聞いて比較的地元の大学病院にしたのが間違いだった・・・・。もう少し早くバセドウ病って分かってれば違ったかなぁ・・・? はぁ・・・何で私っていつもこうなんだろうな・・・駄目だなぁ。・・・ってイカン!!また鬱モードになりそうだ・・・今日はさっさと寝よ。。
posted by saraat 18:52 | ☔ | CM(5) | TB(0) | バセドウ病

2005年07月09日

眠気と攣りと私

ちょっと前の日記に体が攣るって日記を書いたのですが薬を減らしてからそれが減り最近までは平気だったのですが、7月に入ってから再び体中がつる様になりました。場所は背中から腰にかけて腕が攣ったり、首が攣ったり、肩が攣ったり、終いには腰が攣り出しました。もうどこが何処だか分からなくなってきた(´Д`;)それはいつ攣るかは分からずPCをしている時になったり、寝ている時に突然「!?」となったり、服を着替える時に「?!」となったり。攣ってしまうと「ハゥッ・・・」と地味に呟き数分その場でフリーズ。エアーサロンパスで痛みをやり過ごす始末。その攣る痛みは筋肉を突き刺す痛みで一度ソコが攣ると攣り癖?がついてしまいその日一日がそこ中心に痛い。そしてもう一つが激しい眠気。普段は一度目が覚めてしまうとどんなに眠くても眠れない体質なのですが、ちょうど体の攣りが酷くなってから眠気が強くなりここ最近どんなに寝ても眠い。勝手に減薬する訳にも行かないし次の診察まで10日以上・・・耐えるしかないのか?!う〜参った。
posted by saraat 19:33 | ☔ | CM(11) | TB(0) | バセドウ病

2005年07月05日

社会復帰

最近ブログの内容が病気の事から離れていたので今日は真面目というか愚痴というか何というか。長いんで読み飛ばしちゃって構いません。

去年の今頃は今じゃ考えられない位働いてました。日常的に午前様は当たり前で、数字に弱い癖に経理をしていたので、毎日キリキリ。出来たばっかりの支店だったので経理の事が分かる人も居ず、お金を扱うのはすべて私一人なのでどんなに風邪を引こうが休めず、月末の請求書発行前なんかは帰れず会社に泊まり込み泣きながらやってました。それでも初めての社会人だったので「社会人って大変なんだなぁ」と思い頑張って働いてました。ミスがあっても私以外の社員の人は全員年上だったのでなかなか文句も言えず。まぁそれ以外では良い人ばっかだったのでなんとか続けられたのですが・・・。今思い起こせばその仕事を始めた頃から病気の予兆はありました。仕事中デジカメを使う事がよくあったのですが手が震えてなかなかシャッターを切れずとある方に指摘されてから自分は手が震えてる事に気付きました当時は筋力が落ちたかな?程度であまり気にしていなかったのですが。いつも寝ても疲れが取れずいつも電車に乗る時間ギリギリまで寝ていたり、ちょっと階段に登っただけで息がぜーゼーで汗ダラダラだったり。当時私は全部不摂生や運動不足だろうと全く気にしていませんでした。結局それが祟ったのかどうかは分かりませんが体調を崩し会社を辞めて以来、急激に憂鬱になり無気力になりました。そして今年の5月バセドウ病と発覚。バセドウ病と分かって以来この先無理して働くと病気が悪化するんじゃないか?と思うと怖くなりなかなか踏み出せない。でも働きたい。この悪循環。ちょっとこの病気が憎かったり。
posted by saraat 20:50 | ☔ | CM(2) | TB(0) | バセドウ病

2005年06月29日

きょうはけんしんび

今日は診察日でした。先週血液検査だけしたからてっきり今日は血を抜かれる事は無いと思って気を抜いて受付機で受付をしたら「診察前に検査があります」やっぱあったのね・・・。最初は苦手だった採血も流石に何回もやっていると自然と慣れちゃうモンでして、今日も慣れた足取りで採血センターに向かったのですが今日は何か嫌な予感がした。そしてその予感は的中した・・・・(※採センとは採血センターの略)

(いつもの様に名前が呼ばれる)
採セン:「おはようございます。」
さら:「よろしくお願いしますー」
採セン:「確認のためお名前を確認してもよろしいですか?」
さら:「×××××です(本名)」
採セン:「ハイ、ありがとうございますそれでは採血しますね」
採セン:「(刺す場所を迷っている)」
採セン:「あらぁ・・おかしいですね・・」
さら:「いつも見ずらいって言われます(慣れた)」
採セン:「いつも採血するのはこの辺ですか?」
さら:「大体そこが多いです」
採セン:「(針の準備をしつつ)じゃあココでやってみましょう」
採セン:「じゃあちょっとチクッとしますよ〜(注射針が刺さる)」
さら:「Σ(゚Д゚)」
さら:「イデッ(チクッっと所では無い痛さ)」
採セン:「あらぁ・・」
さら:「(自分の腕を見ると注射針が刺さっているのに血が出ていない)」
採セン:「ちょっと動かしてみますね」
採セン:「(針を刺されたまま血管を探られる)」
さら:「グッ・・(痛さで思わず変な声を漏らす)」
採セン:「痛いですか?」
さら:「(冷静を装いつつ)い・・痛いです・・」
採セン:「ごめんなさい!ちょっと針抜きますね」
採セン:「ちょっと他の人に代わってもらいますね・・」
さら:「ハ・・ハァ・・」
採セン:「スイマセンお願いできますか?(隣の方にお願いしてる)」
採センB:「(隣の方とチェンジ)それじゃあ左腕でやりますね」
さら:「(軽くトラウマになりつつ)ハイ・・・」
採センB:「(血管を探られる)」
さら:「((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 」
採センB:「(無事血を抜かれる)」
採センB:「右腕の痛みは大丈夫ですか?」
さら:「大丈夫です(本当はかなり痛い)」
採セン:(採血が終わり止血処置。)
採セン:「ガーゼは30分を目安に取ってください!」
さら:「ハイ・・ありがとうございました・・(´Д`;)」
左.jpg誤爆注ヒ.jpg
写真右:右腕採血未遂後
写真左:初の左腕採血後。変なガーゼの付け方をされた。

やっぱ採血は慣れネーヨ!!指名料払うから指名制にしてくれ(´Д⊂グスン
その後診察を受け相変わらずメルカゾールは2錠のまま。先生いつも「良くなってますよ」としか言わないけど大丈夫なのか・・・そして時々何を喋ってるのか分からない時がある・・・本当にこの先生で大丈夫なのか?!
posted by saraat 22:02 | ☁ | CM(4) | TB(0) | バセドウ病

2005年06月27日

坑甲状腺剤メルカゾールの副作用

ネットで検索していたらこんなん見つけました。

2005年6月15日メルカゾールの重大な副作用の項目に横紋筋融解症を追記。

追記内容) 横紋筋融解症(頻度不明):筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。また、横紋筋融解症による急性腎不全の発症に注意すること。

メルカゾールの投薬期間はどうしても長期になってしまうので個人差ですがさまざまな副作用が出る場合があるそうで、私もメルカゾールを服用して1ヶ月を過ぎた頃からこむらがえり(体がつる)皮膚が痙攣したりしましたが、減薬をしたらその症状も減りました。以下の様な症状が出ていたり、おかしいな?と思ったら自分で減薬せずお医者様に相談しましょう。

==頻度不明の副作用==
皮膚: AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇等
消化器: 脱毛、色素沈着、そう痒感、紅斑等
精神神経系: 悪心・嘔吐、下痢、食欲不振等
過敏症: 頭痛、めまい、末梢神経異常等
その他: CK(CPK)上昇、こむらがえり、筋肉痛、倦怠感、
リンパ節腫脹、関節痛、唾液腺肥大、浮腫、味覚減退


==参考資料(医療関係者向)==
メルカゾールについて 中外製薬
posted by saraat 20:48 | CM(35) | TB(1) | バセドウ病

2005年06月24日

飲み忘れ

Jun24_2035.jpg
長期の服用と薬の量が減るとついつい飲み忘れちゃう・・・う〜イカン!!ちゃんと飲まなければ。(調べてみたらメルカゾールは別に空腹時でも食後に飲んでも大丈夫らしいです。)今日は血液検査だけの日だったので病院に行ってきました。外に出てみるとめさめさ熱い!!なんだこの熱さは!尋常じゃない汗がダラダラながら病院へ行き血液検査を受け(今日は痛くなかった!)帰りに気温が30℃と聞いて余計グッタリ。この季節になるとバセ持ちの方には辛い時期ですね(´Д`;)この検査で異常が無ければ良いなぁ・・・。
posted by saraat 20:51 | ☁ | CM(4) | TB(0) | バセドウ病

2005年06月08日

医療現場からこんにちわ☆

Jun08_1242.jpg


今日は2週間ぶりの検診で御座いました。ワタクシさらは病気上、検診の度にしこたま血を抜かなければならないのでいつも受付を済ませたら速やかに採血センターへダッシュ(採血センターが混む)。そして順番が回り、しこたま血を抜いて診察というのがいつもの流れです。今日も朝からの診察のため早朝に病院へ向かい、受付を済ませ採血センターへダッシュそして私の順番が来るのを待つ(※採センとは採血センターの人の略)
看護婦さん採血に大苦戦。続きを読む?
posted by saraat 17:34 | CM(5) | TB(1) | バセドウ病

2005年06月06日

病状経過

もうじき病気発覚から1ヶ月になります。なんだか早かった様な長かった様な。心なしか喉の腫れも大分収まり体の方も大分楽になった気がします。だけど最近ちょっと気になるのが激しい肌荒れと体がつる事。色々ネットで調べてみるとどうやらメルカゾールの副作用らしい・・うむむむ・・このまま飲んでも大丈夫なのかな・・・?今週の水曜日は検診日だからその時お医者様に聞いてみなきゃだなぁ。

関連記事:
メルカゾールの副作用
甲状腺疾患講座



posted by saraat 20:47 | ☀ | CM(1) | TB(0) | バセドウ病

2005年06月02日

5月を振り返ってみたり。

もう6月ですよ奥さん!!早くも1年の半分まで来てしまった・・・ついこの間年が明けたと思ったらもう夏・・・日々時間の経過が早まってる(゚Д゚;)特に先月はあっと言う間だったなぁ・・・病気の経過をリアルタイム?で報告していたら実はバセドウ病だった!お医者様にバセドウ病だと聞かされた時は、今まで聞いた事が無い病気だったせいもあり相当落ち込んだもんでしたよ奥さん(2回目)その日から本やネットで色々調べたり、聞いてみたりと色々調べて行く内に、沢山の方々がバセドウ病と戦っている事を知り勇気をもらいました。原因も分からない様な病気に不安な私に心配や応援をして頂いたり。病気の事でアドバイスを頂いたりとこの病気を通して出会えた方々が居る事が今は嬉しかったりします。この病気とはちょっと長い付き合いになりそうなので気楽やって行こうかなと思う今日この頃で御座います。
posted by saraat 21:07 | ☁ | CM(3) | TB(0) | バセドウ病

2005年05月28日

著者近影?

May27_1109.jpg

中途半端にせくひー写真なのは深い意味はありません。ただ男性読者を増やそうと言う下心はあります。ってかせくひーでも何でもネーヨって話ですね、ごめんなさい少し調子に乗りました(´Д`;)バセドウ病の病状の一つには髪が抜けるとありますが、私も髪が良く伸びるけどかなり髪の毛が抜けます。髪を切りに行きたいけどいつも行っている美容室は遠い…。写真喉元をよ〜く見るとぽっこりしている所が甲状腺。まだ腫れてます(゚Д゚;)
posted by saraat 21:49 | ☁ | CM(8) | TB(0) | バセドウ病

2005年05月25日

2回目の診察なのよさ

kusuri1.jpg


前回の診察で2週間後に来てくださいと言われ今日がその2週間後。9時半の予約なのでその前に事前に血液検査を受けなければならないので早めに病院へ行く。血をしこたま抜かれフラフラになりつつ診察室の近くで9時半になるのを待つ…そして予約時間の9時半になっても名前は呼ばれず結局小1時間待たされてやっと名前が呼ばれ診察室へ


以下医者とのやりとり。
posted by saraat 00:00 | ☀ | CM(0) | TB(0) | バセドウ病
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。