2005年10月13日

甲状腺機能障害の方はご注意!

先日ドラックストアに行った際、何気なく鼻炎の薬を見ていたら鼻炎薬の棚に「高血圧、心臓病、甲状腺機能障害、緑内障の人は使用前に医師に相談してください」と書かれた張り紙が。「んん何故?」とお店の薬剤師さんに聞いてみようと探したけど見当たらず諦めて帰宅。家に転がってた鼻炎薬の注意書きを読んでみるとやっぱり同じ事が書いてある。どうしても気になるのでgoogleで塩酸フェニルプロパノールアミン検索するとこんなページを発見そのページによると
塩酸フェニルプロパノールアミンは、鼻みず、鼻づまり等の症状の緩和を目的として、一般用医薬品としては、鼻炎用内服薬、かぜ薬、鎮咳去痰薬に含有されている。また、医療用医薬品としても、総合感冒剤に含有されている。

ふむふむ風邪薬とかによく使われてるのね。そしてそのページ下の方を見てみると

塩酸フェニルプロパノールアミン含む薬を用法・用量の範囲外の服用してしまうと脳出血、くも膜下出血、最悪の場合死に至ってしまう可能性が?!

死ぬ?ええええコエーヨ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル でもこのページだけだと難しくてこの薬が何故危険なのかがイマイチ分からない。ってな訳で某所で薬剤師さんに伺った所、
甲状腺機能が亢進するとホルモン分泌が過剰になるためにどうき、息切れ、発汗などがおこったりします。このためメルカゾールというホルモン分泌を抑制する薬で甲状腺機能を抑えています。PPA(塩酸フェニルプロパノールアミン)は脳の受容体にはたらきかけて血管を収縮させるため血圧が上がったり心拍数があがります。つまりホースをつぶして持つと勢いよく水が出るのと同じ原理です。甲状腺機能が亢進している方はどうきや息切れなどが起こりやすいところに PPAを摂取する血管が収縮して心拍数があがりドキドキしたり発汗がおこりやすくなるため甲状腺機能が亢進した状態と同じような感じになってしまいます。注意書きに甲状腺機能の方は注意と書いてあるのはそのためです。

とお返事を頂きました。なるほど!用法容量を守れば大丈夫っぽい様ですが、飲む場合は医師、薬剤師さんに相談するのがイチバンかもしれませんね。(塩酸フェニルプロパノールアミンを含まない風邪薬・鼻炎薬もあります)何事もご利用は計画的にって事ですね(笑)

+参考資料+
塩酸フェニルプロパノールアミンを含有する医薬品
坑甲状腺剤メルカゾールの副作用(さらりずむ。過去ログ)


posted by saraat 12:08 | 🌁 | CM(7) | TB(0) | バセドウ病
この記事へのコメント
sara様
お元気ですか?
私huggyはつい先ほど1泊2日の出張から帰って来ました。本来なら日帰りできる場所なのですが、出張先でぶっ倒れた前歴をもつ私を上司が心配して泊付きに切り替えてくれ他のです(涙)。ありがたやありがたや。。。
さてさて、航空機を乗り継ぎ、何度乗っても慣れないあの離陸時の「そんなにムキになって加速しなくたってええやんか〜」というGと何度泊まっても慣れないホテルのあの「妙ーに乾燥した空気」にまた喉ををやられ、やむなく見知らぬ薬局へ駆け込んで「咳止めちょうだい・・・(涙)」。但し書きも注意書きもひろげることなく飲み込んで(フォア、フォアフォア〜ン)
「なぁーんかキモチわりぃ〜」状態です。
今日はとっととベッドへもぐり込もーっと!
Posted by huggy at 2005年10月15日 18:01
こんにちは!あっこさんに教えてもらって来ました。この記事!これが私の求めていた内容だったんですー!
でも結局日本ではメルカゾール飲んでる方も普通に風邪薬を処方されるんですよね?
私は「一切他の薬は出せない」と言われて、たかが風邪で死ぬ思いをしました。うーん。
今後ともよろしくおねがいします。
Posted by TAMA@合衆国の片隅 at 2005年10月21日 06:53
sara様お元気ですか・・・?
昔から「ナントカが無いのは元気な証」と言われるとおり。。。と思って安心しています。ブログのコメントが変にプレッシャーやストレスになってしまうのでは、「さらりずむ。」な意味が無くなってしまいますからね。私たちは勝手にカキコ致しますし、sara様もマイペースでのんびりどうぞ。余計なお世話です。
 さて、私huggyは、前回(10/21)の月一診察(今回は早い)で三度、チウラの増量を言い渡され5錠/1日に・・・(泣)。何が悪いものやらと、これまた三度落ち込むことに。仕事をしている以上(タダの平社員ですが)、ストレスも疲労もそれなりに避けられない。幽体離脱以来、酒もタバコも断って、食生活もそれなりに気をつけて、睡眠時間だって出来るだけ確保してって、何が悪いんだろう。私にとって副作用のきつかったメルカが使えない以上、もう「放射線ヨード」しかないのかなぁ・・・(不安)。バセドーさんに加え橋本さん(橋本病のこと)まで敵にまわすのはチトつらい。
 あっ、そうそう、突然ですがつい2日前気が付いたことが・・・(驚愕)  一切、全くカップ麺の類がノドを通らなくなりました。何故?これも副作用?あの油の味がどれを食べてもどんな銘柄もすべて受け付けず!
なぜ?なにゆえ?どうして?
Posted by huggy at 2005年10月31日 18:38
はじめまして。
今日、バセドウ病と診断され、ネットで色々調べていたら、この日記に出会いました。
同年代のsaraさんの日記に励まされました。これからもちょくちょく来たいと思っていますので、よろしくお願いします。
Posted by しおり at 2005年11月07日 22:48
はじめまして。
私はもう7年ほどバセドウと付き合っています。
去年、5年付き合った彼氏と結婚。早く子供が欲しいと頑張ってはいるのですがナカナカ思うようにはいきません。
やっぱり7年間薬付けの日々の影響もあるのでしょうか?
もし、子供が生まれたら子供に薬の影響など与えたりするのでしょうか?教えてください。
Posted by パグ at 2006年02月18日 18:05
どうも、初めましてみつると言います、僕もバゼドウ病にかかり甲状腺摘出手術を受けました。僕は糖尿病もあり、手術するまで時間がかかりました、糖尿病ほど知られていないって書いてますが、結構バゼドウ病も知られていますよ、女性がかかりやすい病気ってみんな知っていますが男性もかかるます。
Posted by みつる at 2006年08月01日 17:34
うぉ!この記事コメントを返していないままでした・・・ブログを放置していたので時期でコメントをお返ししていませんでした本当に本当に申し訳ないですm(_ _)mコメントを下さった方が見ていらっしゃるか分りませんが
短いながらレスをお返しします

TAMA@合衆国の片隅さま
コメントありがとうございます♪
初めまして?!でいいのかな?
実はブログこっそり拝見してます。
結構バセドウ病の本とかでもどの薬でも飲んで大丈夫!と書いてあったりしてどれを信じて良いのやらですよね・・・

しおりさま
初めまして&コメントありがとうございます.こんなブログでも少しでもお役に立てたなら本当に嬉しいです(T_T)

パグさま
初めまして&コメントありがとうございます。バセドウ病との影響ですがお医者様によっては影響があると言う方も居たり影響が無いという方も居るので断言的な答えは分りません・・
私もいずれ子供が欲しいと思っていますが病気の影響を考えると不安になります。何か答えになってなくてスミマセンm(_ _)m

みつるさま
初めまして&コメントありがとうございます。私も最初の頃は自分が全く知らなかったせいもあり珍しい病気と思っていましたが最近になって全然よくある病気という事に気付きました(笑)摘出手術をなさったとの事ですがその後体調は如何ですか?
Posted by 00sara00 at 2006年08月01日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック