2007年04月17日

はいしゃさんにいきました

いやぁ〜もう嬉しいったらありゃしないのよ!
気になってた前歯が綺麗になったのが!
これで冷たいものが思いっきり飲める!
ストローで飲む時奥歯で噛んで飲む日々とはおさらばよ!


恥ずかしい話ですが最後に歯医者行ったのは多分中1以来。今まで運が良かったのか痛みに鈍かったのかは分りませんが今まで特に痛む事も無く過ごして居ましたが、去年あたりから前歯の左がやけに冷たい物が染みる様になってて気付かない振りをしていたのですがもうここ最近冷たい水を飲んだだけでもキーンと痛い始末。長年行ってない後ろめたさと恐怖心でありなかなか腰が上がらなかったのですが比較的近所にかなり評判の良い歯医者があり
意を決して予約。

ちなみに歯医者が何でこんなに怖いかと言うと
・歯科助手をやっていた知り合いの裏話を聞いてからは
  歯医者が信用出来なくなった

・同居人が親知らずが斜めに生えかけた時近所の歯医者に言って
  治療が死ぬほど痛かったらしく泣いてたから

・とにかく怒られそうで何か怖い

ついに予約当日になり緊張の吐き気と戦いながらも歯医者に到着。予約を入れていたのですぐ名前が呼ばれ小刻みに震えつつ席に座る。美人の歯科助手さんが登場しカウンセリングを受けた後レントゲン撮影前歯の虫歯は結構深いらしくそのまま削るとめちゃめちゃ痛いからと言う事で麻酔を注入。刺された時ビクッってなるが、普段採血で太い針ザクザク刺し間違われる痛さに比べたら全然耐えられる!痛みに比べたら全然痛くない!麻酔が効くまで雑誌でも読んでて下さいね〜とファッション雑誌を手渡され「ここは美容院か!」と思いつつしばし読む。しばらくすると上唇の感覚が無くなってきた頑張って口を閉めようと思っても半開き状態。試しに指で触れてみても異物感があるだけで感覚が全く無い。すげぇ!と思ってたら再び先生登場。そして治療開始。目の上にタオルをかけてもらってたので何をされてたのか分りませんがキュイーンって奴でなんかやられたりフゴフゴしたり途中「痛かったら麻酔足しますからね」と言われて「あっふぁいじょうふでふ(訳:あっ大丈夫です)」と返事をしたりであっと言う間に終了。ひょっとしたら準備の方が長かったカモ。歯を二本削って詰めたそう。終わったあと鏡を見ると歯の横がクロっぽくなってた歯が綺麗になってる!虫歯=抜くっていう原始的なイメージしかなかったのであっさり終わったのと綺麗なったのが嬉しくてニヤケつつ次回の予約と会計を済まし帰宅。帰り道まだ麻酔が効いてるので半開きの口から無意識にヨダレが出た。

初診だったので5千円位取られるのかな〜と思ったら3千円でお釣りが来た。大昔に通ってたトコは結構乱暴に扱われた記憶しかなかったけど最近の歯科技術は凄いなぁと感動した日でした。良い先生だし頑張って通おう。


posted by saraat 20:24 | CM(0) | TB(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。