2006年10月09日

イグ・ノーベル賞

ネットを徘徊してたらこんなニュースを発見。「笑えるとしか言いようがなく、しかも記憶に残り、人々を考えさせる業績」に贈られる毎年恒例のイグ・ノーベル賞の第16回授賞式が5日、米ハーバード大学サンダース・シアターであり、「しつこいしゃっくりを直腸刺激で止めることに成功した」という研究報告に、医学賞が贈られた。

受賞者は他にもいらっしゃいますが個人的にグッと来たのはこの4つ

鳥類学賞:「頭を振り続けるキツツキはなぜ頭痛に見舞われないのか」
んーまぁ・・確かに。

音響学賞:「爪(つめ)で黒板をひっかいた時に発生する音が嫌われる理由についての実験」
あの音意外に私は平気だったりします。

数学賞:「グループ写真を撮る際、目を閉じた人が1人もいない写真を撮るためには、何枚撮影する必要があるか」
自分だけ半目の時なんかは死にたくなります。

物理学賞:「乾燥スパゲティを曲げると、しばしば2つ以上の部分に折れてしまうのはなぜか」
あ、本当だ。



posted by saraat 01:28 | CM(2) | TB(0) | 日記
この記事へのコメント
ツクベルリン?!ツクバとベルリンが友好都市になった感じ(エヘ)でも、私もよくやるよ。「ラベルが違うよ」って言いたいのに「レベルが違うよ」って言ってみたり(微妙〜に違うよね)。「レッテルはられるよ」ってところ「ラベル貼られるよ」って(そのままじゃん)。「コエンザイム」もしばらく「エコンザイム」だと思ってたし「DHA」だって「ドコサヘキサエキサ」だと言い張ってた(ナンだか東北なまり?)気づいてたら指摘してよねって周りに何度、文句言ったことかぁ。仲間内の会話だけなら笑って済むけど取引先との世間話でやらかしたら「オー恥もの」だもんね。特に流行モノは難しーいよ四十を過ぎると...。
Posted by huggy at 2006年10月09日 02:33
>>huggy
こっちにもレス♪
分る!言葉間違いって気心知れた中だと言い易いけど初対面とか仕事先だと言いにくいよね(笑)相手が間違ってたりすると、教えてあげようか迷ってたらむしろそっちの方が合ってるんじゃないかと思ったり・・

体調はどう?
私は相変わらずのホルモンの変調でテンション下がり気味です(苦笑)
亢進してた頃の方が生理順調だったのにここ最近バラバラなのは何故だろう・・・?やっぱり不健康な生活してるせいなのかなぁ・・・
Posted by 00sara00 at 2006年10月19日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。