2006年07月27日

バセドウ病とサプリメント

最近病気の事を全然書いてなかったのでたまには真面目にサプリメントの事について書きたいと思います。
saraは結構サプリ好きなので一時は期結構飲んでたのですが今現在飲んでるのはブルーベリー、ビタミンB群、クエン酸、ノコギリヤシ(ひんにょー対策)、整腸剤(アレ気味なので・・)以前はもっと飲んでたので結構マシになった方です(笑)過去には若返り効果があると今大流行中のコエンザイムQ10も飲んでました。元々心臓病の治療に使われている薬なので甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の方も結構飲んでいらっしゃる方も多いみたいです。
コエンザイムQ10とは・・・
コエンザイムQ10は、ありとあらゆる生体活動のエネルギー源を作るために必要な物質です。 「コエンザイム」を英語で書くと、co-(補う)にenzyme(酵素)がついてcoenzymeとなり、「補酵素」という意味になります。Q10は補酵素を区別するための記号です。コエンザイムQ10たは、体の中でエネルギーを作り出す助けをしいます。別名「ビタミンQ」とも呼ばれ、私たちの体になくてはならない物質です。(厳密には体内で生成できるのでビタミンとは呼びません)

コエンザイムQ10主な効能とは・・・
免疫機能の改善、糖尿病、歯周病、心臓疾患予防、抗ガン作用、肌荒れ予防、老化防止、美肌促進、高血圧予防 etc,,,
効能を見る限りだとバセにはピッタリなサプリですよね!化粧品にもQ10入りの物もありますがせっかくならサプリで摂取してみるのも良いかも?!しかし意外に知られて居ませんがコエンザイムQ10は水に溶けない性質を持つので以前から心臓病などの治療に使ってきた医師は脂っこい食事と一緒にコエンザイムQ10の錠剤を服用するよう、患者に指導している所もあるそうです。サプリだけに頼るのはちょっと難しいので普段の食生活+サプリの摂取が良いかも知れません。

10/1追記
上記でコエンザイムQ10について書きましたが、後日コエンザイムQ10とは?というページ「臨床でよく使われる疾病」の項目に

免疫不全及び低下
・リンパ細胞に刺激を与え、免疫促進します。
・甲状腺機能亢進の方には、与えないで下さい。

と記述がありました。やはり服用の際は医師、薬剤師に相談した方が良いですね。素人が偉そうに書いてしまい申し訳ありません。・゚・(ノД`)・゚・
通りすがりのものですさん教えて下さって本当にありがとうございましたm(_ _)m




さて次にヨウ素(ヨード)について
ヨウ素の摂取なのですが結構なんとなく避けていらっしゃる方も多いんでは
無いでしょうか?(かくいう私もそうなのですが・・)
ヨウ素とは・・・
甲状腺ホルモンを作る上で必要な成分体内では合成は出来ないので、食物から摂取の摂取が必要。摂取して取り込んだヨードは、消化管を経て血液中に入り、血液から甲状腺の細胞に取り込まれるそうです。

甲状腺機能障害の方が摂取しすぎるとあまりよろしくない訳なのですが、かといって取り過ぎないのもダメと言う少々やっかいな成分だったり。(1日3mg以上のヨードを摂り続けると、甲状腺障害が現われる可能性があるそうです。)海に囲まれた国の日本では海草や魚を食べる機会が多い上、ご飯にも微量のヨウ素が含まれているので避けて生活するのは難しい訳です。。。
サプリメントだとマルチミネラルというサプリメントにも微量のヨウ素は含まれていますので気になる方は避けた方が良いかもしれません。他には食品等のうまみ成分として使われる事が多いので意外な食品にも含まれて居るかもしれませんので成分表を見てみると良いかも知れません。ちなみにスポーツドリンクなんかも海草由来の物が多いって知ってました?

なんだか長ったるい上に他の方が読んで分る文なのか疑問ですが
今日はこの辺にしておきます(;´д`)
ちょくちょくこんな記事を書ければ良いんだけどなぁ。

関連記事・参考資料
飲んではいけない薬ってあるの?(過去ログ)
ドーヨ大全(ヨードの事について詳しく書かれてます)
コエンザイムQ10とは
コエンザイムQ10の威力とは?
コエンザイムQ10の吸収率
posted by saraat 18:34 | CM(16) | TB(0) | バセドウ病
この記事へのコメント
お疲れ様ですsaraさん!(今日は少々バテ気味なのでいつもより早めに退社、と言ってもしっかり10時を過ぎてましたが…)なのでいつもより早めにカキコです。実は私も負けず劣らずのサプリ好き。現役時代からのお付き合いで某製薬会社の「ネイチャーメイド」愛飲者。ビタミンCにカルシウムにフィッシュオイルにイソフラボン。そしてもちろんコエンザイム。プラスやずやの香醋(これはパートナーが愛飲)ね、これでもかってくらい負けてないでしょ(相当、苦笑だよね)これ止めたら大分、へそくり貯まるよね。しかも、サプリの時は必ずエビアンかクリスタルカイザーしか飲まない。もちろん、ベット脇にも。書き込みしながらふと、バカみたい…なんて思えてしまう。少し減らそ。。
Posted by huggy at 2006年07月28日 00:21
>>huggyさん
早く退社しても10時ですかお仕事大変そうですね・・・お疲れ様です!
huggyさんのサプリ好きは負けたかも(笑)おぉやっぱコエンザイムQ10飲んでいらっしゃるんですね!私もまた飲み出そうかな?本当はもっとサプリとか買いたいけどいい奴とか特殊なのって高くて我慢してます。(一度買い出したらハマリそうで怖いってのもあったり。。)薬とかはちゃんと水で飲まなきゃダメなのについつい麦茶とかで飲んじゃってます・・・いかんなぁ
Posted by 00sara00 at 2006年07月28日 22:19
今晩はぁsaraさん!バリバリに仕事してるフリしてますがフレックスだから結局、おなじ。残業つかない分、損してるかなぁ。ところで私のサプリ好きはもはや依存の域?ですよ。真剣に抑えなきゃキリがないです。やっぱり度が過ぎるとからだにはマイナス…。。
さて、予約を取り直して行ってきました病院へ。Dr.から色々教えてもらいましたのでご報告です。まずはバセの治療薬っす。皆さん御存じの通り基本的には2種類。メルカとチウラ。あと日本ではプロパジールってお薬がありますが成分はチウラと同じだそうです。単価は同一。違うのは有効成分の吸収率。チウラに比べてメルカの体内吸収率がよいので効果がでやすいんだそうです。メルカは成分が体外へ出てしまう量が少し多いんだって。日本ではメルカを使うことが多くアメリカではチウラを多用してるらしい。あとチウラは母乳にでないから授乳期のお母さんには有効だそうです。ただ、バセのお薬、もう何十年も新薬の開発が無く副作用がキツい人には選択の幅がせまくなるんです。放射線ヨードか手術です。私ハギーもきわどいライン。アレルギー剤をいつまでも併用するのもからだにはマイナス。これはβ遮断剤も同じ。インデラルもセロケンも薬はからだにとって所詮、異物。少ないほうがベスト!汗かかないとかドキドキしないのはすごく有り難いけどね。改善率の低いハギーのデータを見ながらDr.は「うーん…」沈黙してしまいました。(悲)
Posted by huggy at 2006年07月29日 01:07
一部訂正です。
成分の吸収率が低いのはチウラです。お詫びして訂正いたします。
Posted by huggy at 2006年07月29日 02:02
こんばんわぁ♪
みなさんちゃんと健康に気を使われていて偉いです!私は超不規則な生活をしているので私もちょっとサプリのんでみたくなってきましたw
ええ〜ご飯にもヨウ素が入ってたんですか!
お医者さんにはあまり気にしないで下さいと言われてたので全然気にしてなかったけどちょっと怖くなってきたかも。小さい頃は海に近いところに住んでいたので魚とか海草系はかなり食べてたのでそれバセドウ病発症の原因になったりしてるのでしょうか?

今度から買い物する時は成分見てみる事にしますo(`・ω・´)o
Posted by ミヅキ at 2006年07月29日 23:58
レス遅れて申し訳ないです(T_T)

>>huggyさん
うー分ります・・私も仕事してた頃は午後出勤でしたが殆どが遅くまでサービス残業でした・・・あの頃がバセ発症してたハズなのに良く働いたなぁ・・今は当時より良くなってるハズなのにあの頃の気力は何処に行ったんだ!?
おぉ〜〜貴重な情報をありがとうございます!同じ種類でも吸収率が違うのか・・元々バセは死に至らないけどほっとくと危ない病気というやっかいな病気だからなかなか新薬が出来ない(作らない)って聞きました。近い将来難病の特効薬が出来ても相変わらずメルカとチウラのままなのかも知れないなぁ。こうすべての病気がズバッ!と直る薬は出来ないものなのか?
なんてクサイ事思ったり。とりあえずバセドウ病気の明確な発症の理由を解明して欲しいかも(^^;


>>ミヅキさん
サプリはハマると結構楽しいですよ〜どのサプリでも飲んだとたんプラシーボ効果かもしれませんが効いてる感じがするのが不思議!
私も当時のお医者様には「食事は気にしないで食べてください」って言われてました。私も10代の頃は結構ワカメとか好きで食べてましたよ!一応1日3mg以上の摂取は甲状腺に異常をきたすとデータが出ているみたいなので食べすぎにはご注意ってトコなのでしょうかね・・・っても3mgってどの位だよって感じですよね(笑)
Posted by 00sara00 at 2006年07月31日 22:05
こんにちは!初めまして、saraさん。
私はバゼドウのそらです。
saraさんのブログすごくおもしろいです。
コエンザイムQ10のサプリはバゼドウ患者にはピッタリなのかもしれないですね。
バゼは何かと飲んではいけない薬やサプリがあり、成分をじっくり調べないといけないと思っていましたが・・。
Q10試してみようかと思います!
ちょくちょく、お邪魔します。
Posted by そら at 2006年08月04日 09:52
>>そらさん
初めまして&コメントありがとうございます♪
こんなブログを面白いと言って下さると本当嬉しいです!!ありがとうございます(T_T)私も調べてる内にQ10がこんなに良い物だとは知らなかったので再び飲もうかなぁと迷ってます(笑)これからもバセに関して役立つ事を書ければなぁと思っていますのでまたコメント&遊びに来てやって下さいm(_ _)m

先ほどそらさんのブログにお邪魔させて頂きました♪
Posted by 00sara00 at 2006年08月04日 21:14
はじめまして。バセと付き合い始めてもうかなり長くなっている、通りすがりのものです。甲状腺とコエンザイムについてググっておりましたら、こちらにたどり着きました。以下のコエンザイムQ10についてのページをご覧下さい。http://qol1996.com/spCoq10.htm
ページの最後の方の、「臨床でよく使われる疾病」Bに、「甲状腺機能亢進の方には、与えないで下さい。」とあります。
かなり重要なことかなと思いましたので、お知らせしたくコメントいたします。

これを知らずに、実は、1週間ほど前からコエンザイム飲み始めていました(!)昨日あたりから、なんだか、体が、甲状腺が悪化していた頃のようになってきた気がして、ちょっと心配になり調べたというわけです。明日から即刻中止せねば・・・。まとめ買いしてしまったのにーっ(笑)
Posted by 通りすがりのものです at 2006年09月14日 07:41
>>通りすがりさん
ご訪問&教えて下さってありがとうございます! 体調の方が優れないとの事ですが如何でしょうか?ちょっと心配です・・

早速、通りすがりさんが教えてくださったページを見たら
B免疫不全及び低下
・リンパ細胞に刺激を与え、免疫促進します。
・甲状腺機能亢進の方には、与えないで下さい。


とバッチリ書いてありましたね・・
私の知ってる限りのバセ持ちの方で飲んでいらっしゃる方がかなり高かったので当たり前なのかと思ってました・・・素人が偉そうな事書いてしまい本当お恥ずかしい限りです・・・


教えて頂いて本当に本当ありがとうございます!重要な事なので近い内に追記の形で訂正記事書きます!教えて下さって本当ありがとうございましたm(_ _)m

また何かありましたらバシバシ指摘してやって下さい(笑)
Posted by 00sara00 at 2006年09月15日 06:59
はじめまして。coq10と甲状腺に付いて調べていました。少しばかり甲状腺の数値が高く、今後、MRIなどの検査をひかえているのですが、あまりの調子の悪さに、以前飲んだときに調子が良くなった、coq10を飲んだら、やっぱり不思議と調子がよくなりました。ちなみに、上に書かれているリンク先から、「甲状腺機能亢進の方には、与えないで下さい。 」の項目が無くなってますよね??このサイトって信憑性あるんですかね。
Posted by toto at 2008年07月15日 04:13
toto様
初めまして&コメントありがとうございます。

あっ項目が消えてます!教えてくださってありがとうございます。toto様はやや数値が高めとの事ですが、お体の具合はいかがですか?他に何か薬は併用されてますか?現段階で自分なりに調べた結果では

コエンザイムQ10
効能:免疫力を高める、糖尿病、心臓疾患を予防
副作用:特に無し
注意:血圧降下剤、血糖値下剤、抗血栓剤

となってます。特に注意事項にはなってませんね・・・最近出たサプリメント副作用に関しては臨床例が集るまでは飲める人が限られれている物が多いです。なので突然危篤な副作用が多数報告されたりすれば危険になったりします。元々コエンザイムQ10は体内に存在しているので(年々減少してしまうので補う)過剰摂取しない限り大きな副作用は無いと思われます。ネットにある情報の信憑性に関しては良い事も悪い事もすべて軽く疑った方が良いかもしれません。あくまでも期待できる程度に考えた方が良いかもしれません。私は医師、薬剤師ではあくまでも素人の個人的見解なので・・・あまり参考にならなかったらごめんなさい(>_<)
Posted by 00sara00 at 2008年07月15日 13:42
00sara00 さま
早速のお返事うれしいです。
僕の場合は、(あ、男です)FT4とFT3がちょっと高くて、なのに、TSHは正常値なんです。
数値は高いのに、症状はなぜか低い方のばかりです。
ちょっと厄介なタイプかもしれません。
で、1ヶ月後にMRIです。
もともと、数年前に鬱かなーって思って心療内科にいったけど、何か違うって思ってて、最近、風邪でもないのに熱が出て、5分と立ってられないほどの、疲労感で大学病院に行きました。そしたら、数値が高くてって感じです。他の薬は睡眠導入剤くらいですね。以前は、色々のみましたよ。ワイパックスとか、SNRIとか、でも、全然効かず、心療内科の先生も、何故効かないんだろう。って感じだったんで、(パニック障害だと思ってたのかなー?)それ以来、心療内科には行かなくなった感じで数年経ってました。今は大学病院で検査中です。心臓の不整脈もあるみたいで、ホルター心電図とかも、今後やりますよ。また伺わせてくださいね。お返事ありがとうございます。仲良くしてね。
Posted by toto at 2008年07月16日 01:44
>>totoさま
わたしも発覚の経緯は
ちょっと調子悪いかも?→突然高熱→ヤブ医者に誤診→直らず内科に行ったら即大学病院を薦められて翌日精密検査で発覚しました。パニック障害と甲状腺亢進症は間違いやすい事で有名ですね。併発しているまたはどちらかが発症していて発見が遅れるという事もあります。ちなみに私を含むパニック障害の方でバセの方も結構いらっしゃるそうです。totoさんはとりあえず様子見てから後日検査といった所でしょうか?現在も何か気になる症状はありますか?血圧、脈、手の震えなどはありますか?甲状腺がポコッとなっていますか?(上を向いて喉仏下あたりを触ってみる。)個人差ですがバセの方は甲状腺がポコッとなるのであまり大きい方は手術で切除する程から〜見れば分かるけど全然気にならない程度の人です。私も少しですがポコッなってます。(過去ログ2006年09月22日の記事参照)

私はバセの方はようやく寛解の兆しが見えてきましたが久々にパニック発作を起こしてしまいまだ薬に頼らないと駄目な感じです。

色々はっきりしない間は不安があると思いますが決して無理なさらず体を休めて下さいね。このブログが少しでも何かの参考になれば幸いです。
   
バセの事はもちろんですが他の記事の所にも気になる所があれば遠慮なくコメントしてやってくださいm(_ _)m
Posted by 00sara00 at 2008年07月17日 04:36
00sara00 さん

>パニック障害と甲状腺亢進症は間違いやすい事で有名ですね。

そうなんですかー。甲状腺ってあまり知られてないんですかねー??1年半、小さな心療内科に行っていて、あまりに改善しないので、大学病院とか行って血液とか心臓とか脳とか、検査してみたいっていったんですけど、大丈夫でしょう、精神的なものですよ。って言われてたんです。あと、この間、大学病院に行く前に、近所の眠剤を処方してくれてる内科に行って、ふらつきとか、ものを落とすし、気持ち悪いし、頭が痛いから、大きいところで検査したいから、紹介状とか書いて欲しいなー。っ言ったんですけど、大丈夫でしょう、耳鼻科的な感じ(三半規管)でしょうって言われて。(笑)。。耳鼻科の薬をもらい。。。その翌日に、熱がバーン!って出て、意識を失いそうになって、パニックなら、ワイパックスが効くらしいのに、効かず、これは、いよいよだなって、感じで、夜間診療で、大学病院に行った訳です。何で早く来ないの!って看護婦さんに怒られー(だってねーアピールはしたんだけど..)。。最初は、脳梗塞とか、疑われて、CT撮ったり、脳波とかやったり、したんですけど問題なくて、甲状腺の数値高かった訳です。長い旅でした。



血圧は普通みたい。脈は、弱弱の時と、ドキドキの時の両方があって、のどのボコッっていうのは、うーん。。どうだろう。。なってないんじゃないかなー。でも、熱が出る時は、ボコってなってる気がするけどー。。最近、すごくタンが絡むんですけどねー。
Posted by toto at 2008年07月19日 14:50
>>totoさん
本当に長い旅でしたね・・・心中お察しします。お恥ずかしい話バセになるまで甲状腺という器官がある事すら知りませんでした・・・最近はタレントでバセを告白してる方も多いのでご存知な方も増えてきた様な気がします。

血液検査以外にCTや脳波など一通り検査して異常が無ければ残るは精神的理由からの不調が考えられますね・・・疲労、ストレスなどで自立神経が弱ってると体のあちこちで不調が出ます。自律神経は消化、呼吸、発汗、代謝など調整するもので内分泌系とも関係があります。これらが狂うと心の状態に影響を及ぼすとされているそうです。

甲状腺科の方は念の為、定期的に(年に一度など)血液検査をしてもらって経過を見た方が良いかも知れません。血液検査だけなら個人開業で甲状腺を見ている所はあるので探して見てください。ただ何かあった時大学病院や総合病院でまとめて見てもらってた方が良かったかなぁと思う時もあるのですが、それぞれメリットデメリットはあると思うので難しいですね。血圧、脈は把握しておいて損は無いと思います。とか言いつつも私は血圧測定器は持ってないのですが、よく行くドラックストアや電気屋で定期的にチェックしています(笑)

バセ発覚時はあり得ない位血圧が高く脈も恐ろしく速かったですが、現在は正常範囲内を保ってます。(精神的から来るものなのか今も脈は早めですが・・・)的外れなレスになっていたらすいません!あくまでもバセ経験者の意見なので・・・

ちなみに
サプリメントはカルシュウムとマルチビタミンは
今でも欠かさず飲んでます〜
Posted by 00sara00 at 2008年07月20日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック