2007年09月23日

健康な人間は存在するのか?

※この記事を書いたきっかけはこちら(バセドウ病についてあれこれ)

■無病息災という言葉があるけどこの世に完全なる健康な人間は存在するのだろうか?ある日心療内科だの歯医者だの甲状腺の病院通いが嫌になり駄々をこねていたら同居人が「人間は一病息災くらいが丁度良い」と言った。意味を聞くと持病が一つくらいある方が、無病の人よりも健康に注意し、かえって長生きであるということだと教えてくれた。なんか凄く納得した。

どこぞには病気を抱えている人に「直りたい・少しでも良くなりたい」心につけこみ効能が疑わしい胡散臭い茶だの食品だのサプリを売っている輩が居る。以前は正直言うと騙されてしまう方もなぁ〜と思っていたが、バセになってからは考え方が変わった。 兄は生まれつき酷い喘息で通院していた。弟は生まれた時肺炎になり生死を彷徨った。そんな中私はデカイ体で生まれすこぶる健康児だった。特に大きな病気も無く風邪も滅多に引かず健康が自慢だと思い数十年生きていた。そんな私がいつからか体調が悪くなり健康だからと気にしないで放置していたら、突然高熱が出てすったもんだで大学病院に行き、色々検査された結果やたら偉そうな先生様が感情も無く淡々と「バセドウ病ですね」と言われた。その先生様はロクに病気の説明しなかった。色々聞きたかったが、うろたえる私は「直るんですか・・?」としか聞けなかった。 何故自分が?一生直らないのか?と、半泣きで電車に乗り最寄の本屋に立ち寄り本を探すも全く本が無くネットで調べても良く分からずただ泣いた。多分こんな時に怪しげな壺やら健康食品を勧められたら藁にもすがる思いで即買ってしまっていたかもしれない。

今振り返って見ると本ッ当に馬鹿みたいに大袈裟だなぁと思いますが
当時の私は不幸のズンドコでした。そんな頃も今じゃ良い思い出。
最近バセドウ病を宣告され不安でたまらない人。大丈夫です。

■ドグマチールからルボックスになり大分経つ。ドグマと比べると劇的な変化は無いが一定のリズムを保てている現在は朝・夜にルボックス1ソラナックス1を服用中。パニック発作的な奴も落ち着き精神的に安定してきた。そのお陰かPMSの症状が、かなり軽くなった以前はしょうも無い事でいちいち落ち込み常に不安が付きまとっていた。正直あまりメンタル系のお薬にはお世話になりたくなかったがいちいち落ち込んだり不安になったりするのは生きるのが疲れるし馬鹿馬鹿しいので落ち着くまで飲み続けようと思う。一病息災とはいえ病院と薬はなるべくお世話になりたくないってのが本音ですが(;´д`)



posted by saraat 02:10 | CM(8) | TB(0) | バセドウ病
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。