2006年09月05日

睡眠改善薬の効能

不眠は身体的要因や心理的要因て等さまざまな理由から起こりますバセドウ病の方の中にも不眠の症状を抱えていらっしゃる方も多いと思います。かくいう私も病気が発覚する数ヶ月前から就寝時も何故か心臓がバクバクしなかなか寝付けませんでした。その後病気が発覚し脈を整えるお薬を頂くようになってからは落ち着きましたがその後寝れてもすぐ目が覚めたりうなされたりして眠れない症状に悩まれました。今日は市販薬と病院で処方される睡眠改善薬についてボヤいてみます。

最近では薬局でもドリエルと言う睡眠改善薬が売られています。ドリエルは一時的不眠の症状を和らげる薬なので長期服用はオススメ出来ません。この薬は塩酸ジフェンヒドラミンの抗ヒスタミン作用で睡眠作用を発揮します。塩酸ジフェンヒドラミンはアレルギー性鼻炎の薬、点鼻薬や湿疹、あせも虫さされの薬にも含まれる物もあります。鼻炎の薬を飲むとボーっとしたり眠くなるのは塩酸ジフェンヒドラミンの作用によるものです。

病院で処方されている睡眠剤は種類が多すぎて難しいですがとりあえず今私が飲んでいるのはマイスリーについて。この薬は比較的依存も無く眠気を増幅させる薬なので全然眠くない時に飲んでもあまり効果は望めません。不眠の症状を訴えると最初に処方される事が多いです。(まず服用してみて自分に合わなければ別の眠剤に変える)沈静作用があるので寝る前に鬱鬱が襲ってきた時に飲むと落ちついたりします。でもたまに効き過ぎてやたらテンション上がっていつの間にか寝るって時もあります。ってかなんか危ない奴だよな(苦笑)マイスリーは即効性が無いのですべて用事を片付けて寝る直前に飲みましょう。飲みはじめの頃は翌日眠気だるさが残りやすいので気をつけてください。(私の場合は飲み慣れると平気でした。)毎日服用を続けたり長期服用をするといつもの量で薬が効かなくなったりするので様子を見て増減をしてみましょう(最初は10mgじゃないと眠れませんでしたが最近は5mgでも寝れる様になりました)

ドリエルは一時的な不眠の症状を和らげる薬なので一時的服用の場合は良いかも知れませんが長期的服用はかえって高くつくので(ドリ○ルは6錠で1000円もするので..)お医者様に相談された方が良いかもしれません。処方されれば安くお薬も頂けます。他には薬に頼らずに良く眠れる環境を作ったりする事で改善される事もあるので色々試して見る事をオススメします。
不眠の症状をほおっておくのは体にも心にも良くありませんので気になったらお医者さんに相談しましょう。

大体合ってると思いますが今までの素人知識と経験を素に書いてるので100パーアテにしてはいけません。相変わらず意味不明な文でゴメンちゃい。

関連記事
甲状腺機能障害の人が飲んではいけない薬?


posted by saraat 19:54 | CM(5) | TB(0) | バセドウ病

やたら眠い

先日ヤフオクが出品無料デーだったので使わなかった某商品を出してみました。不思議な物でいざ手放すとなると使わなかった物が急に惜しくなってしまい自分が出品した癖に出す直前まで「やっぱ使えば良かったかなぁ・・・」と思いながら発送。早速小遣いが手に入った所で明後日あたりにちょいと実家に遅い帰省をしてきます。実家はネット環境があるので更新は多分相変わらずのペースだと思います。

あぁ〜もぎたてチンクルのばら色ルッピーランドが欲しい・・・
最初にもぎチンと略した人は天才。
posted by saraat 02:27 | CM(0) | TB(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。